2014年10月07日

情報マネジメント

データの収集と分析について

データとは
、広義では、推論、判断、意思決定をするために用いるあらゆる資料や情報を指す言葉です。狭義では、数値で表現されたものを指します。
「データ」とは、資料、数値、観察の結果えられた事実のこと。物事をまずは観察し、事実を収集する。これがデータ。
データに対し、加工・分析を行うと、何らかの意図・価値を得ることができる「情報」になる。
「情報」に対して理解が進むと「知識」となり、「知識」の活用が進むと「知恵」となります。どんどんと人の「意思」「判断」「意識」が入り込んでくる。
日本語だと「Information」も「Intelligence」も「情報」ってことで、単純な情報が「Information」で、それをつなぎ合わせて活きた情報が「Intelligence」となる。
posted by iida at 09:25| 愛知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。