2012年03月16日

ジョブサポーターは、ハローワークを拠点に、大学や高校などの既卒者に対するさまざまな就職支援を専門に行っています

ジョブサポーターとは

全国の新卒応援ハローワークやハローワークを拠点に、大学や高校などの新卒者・既卒者に対するさまざまな就職支援を専門に行っています
在学中の方はもちろん、卒業して3年以内の既卒者の方も、就職を実現するまで、マンツーマンでサポートします
自己分析から応募先の選択、エントリーシートの書き方、面接の受け方まで、一人一人の課題を把握して、その人に合った支援を行います
ジョブサポーターの支援を受けるためには、全国の新卒応援ハローワークやハローワークで求職登録が必要です
ジョブサポーターの主な支援対象
・大学院・大学・短大・高専・専修学校に在学中の方
・大学院・大学・短大・高専・専修学校を卒業しておおむね3年以内の方
・高校生および高校を卒業しておおむね3年以内の方

ジョブサポーターによる主な支援
・就職活動についてのアドバイス
・希望に添った求人情報の提供
・就職支援セミナーや就職面接会の開催
・応募先の選定支援
・エントリーシートや履歴書の作成相談
・面接の指導

◇このジョブサポーターの支援により、平成22年度(平成22年9月〜23年3月末)には約6万人、 平成23年度(平成23年4月〜12月末)には10万人以上の就職が実現しました。

どうやって就職活動したらいいか分からない、内定がなかなかとれない――。就職活動のことで悩んでいませんか。そのようなときは一人で悩まず、新卒応援ハローワークやハローワークにいる「ジョブサポーター」にご相談ください。就職先が決まるまで、皆さんの就職活動をマンツーマンで応援します。

ジョブサポーターがマンツーマンで就職活動を支援します

「ジョブサポーター」とは、大学などの新卒者・既卒者に対する就職支援を行う専門家のことです。厚生労働省では、全国の新卒応援ハローワークやハローワークに総勢2,000人以上のジョブサポーターを配置しています。

ジョブサポーターとなっているのは、大学などでの就職支援や人事労務管理の経験のある人やキャリアカウンセラーの資格をもつ人など、就職活動に関する知識や経験が豊富な人たちです。

新卒応援ハローワークやハローワークでは、一人一人に専任のジョブサポーターがついて、就職活動に関するさまざまな相談や悩みを聞いたり、エントリーシートや履歴書の書き方、面接の受け方など就職活動の仕方についてアドバイスしたりするなど、就職が決まるまでマンツーマンでサポートします。

 たくさんの先輩がジョブサポーターの支援を受けて就職を実現

平成22年度には約6万人(平成22年9月〜23年3月末)、平成23年度(平成23年4月〜12月末)には10万人以上が、ジョブサポーターの支援を受けて就職を実現しました。

ジョブサポーターによる支援は無料で受けられます。支援を受けるためには、新卒応援ハローワークやハローワークで求職登録を行うことが必要です。まずは、お近くの新卒応援ハローワークまたはハローワークで求職登録を行いましょう。

また、ジョブサポーターは、高校や大学等に出向いて学生や生徒への就職相談や職業適性検査を行ったり、就職活動についての説明会を実施したりするなど、高校や大学等と連携してさまざまな就職支援を行っています。

ジョブサポーターと一緒に、希望する就職を実現しましょう。

ジョブサポーターがいる「新卒応援ハローワーク」の所在地は下記のウェブサイトから検索してください。
厚生労働省「新卒応援ハローワークのご案内」



政府広報オンライン:http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/201111/seido/jobsupporter-02.html
posted by iida at 22:36| 愛知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。